Study in Japan Global Network Project in ASEAN

日本の皆様へ

ミャンマーよもやまばなし

2020年12月23日

第8回 私の日本留学と、日本での就職

Myat Myat Lin (ミャッミャッリン)千代田化工建設株式会社

和訳

 私はミャンマー出身のミャッミャッリンです。横浜国立大学の博士課程で構造工学を研究するため、2016年9月に来日しました。私が日本に住み始めた時は、英語でしかコミュニケーションがとれませんでした。横浜国立大学には1000人程の留学生がおり、大学院の授業は英語で行われています。英語話者のコミュニティーがあったということもあり、大学では何も困ることはありませんでした。しかし、日本での生活を快適に、また楽しく過ごせるようにと、大学で日本語を勉強し始めました。私の趣味は、映画鑑賞や音楽鑑賞です。日本人の生活様式や文化を知るために、私は、日本の映画やドラマを観ました。そして、それは私の日本語力を高めるために大いに役立ちました。日本語が話せないことで、大学では何も困りませんでしたが、買い物や旅行の時は困ることがありました。特に、日本の銀行で口座を開くときや、事務所へ行くときは、書類が日本語で書かれているだけでなく、スタッフとも日本語で話さなければなりませんでした。


 私は、昨年、就職活動を行いました。留学生にとって、日本の就職活動文化を理解するのは本当に難しいです。私の国(ミャンマー)では、ほとんどの学生は、卒業後に就職先を探します。それは、就職するまでは勉学に集中し、十分な技術を身に付けるためです。私の日本での就職活動の中で一番困難だったのは、留学生を本当に採用したがっている会社を見つけることでした。私は、自身を「グローバルな会社だ」と掲げるいくつかの会社を見つけましたが、彼らの社内の仕組みはまだまだ日本式であったり、私たち留学生に日本語能力試験N1レベルを期待していたりで、留学生が内定を得るのは簡単ではありませんでした。また、日本語での面接は、とても不安でした。しかし、3、4回面接を受けると、自信を持ち始め、もはや怖くはなくなりました。この就職活動の初めのステップは、留学生にとって、就職活動の中で最も大変なことだと思います。なので、経験を積むことは、我々にとって本当に大切です。

 私は、大学で学んだことを生かせるグローバルな会社で働きたいと思っていました。それには、外国人と働くことが歓迎される環境があることがとても重要です。就職活動をはじめて3か月が経ったころ、私が本当に働きたいと思っていた千代田化工株式会社から内定を頂きました。千代田化工株式会社は、グローバルな会社なので、日本語と英語をどちらも使うことができる会社であると信じていましたし、今年の4月に入社しましたが、実際、その期待通りでした。そして、私の当初の希望通り、土木課に配属されました。2か月間の新人研修で、新入社員は基礎的なビジネスマナーを学びました。ビジネスマナーは、日本の企業では大変重要視されているため、十分に身につける必要があります。千代田化工株式会社は、世界でもトップクラスのプラントエンジニアリング会社ですが、私にとってプラントエンジニアリングは初めての分野なので、たくさんのことを学ばなければなりません。新入社員研修後も、実務でトレーニングを受けました。

 日本には独特な就職活動文化があります。そして、私はその就職活動の中ですばらしい経験を得ました。その上で、私は、日本で就職したい人は日本語を勉強することをおすすめします。日本語を勉強することで、日々の生活のためだけではなく、仕事にも役立つでしょう。

原文

I am Myat Myat Lin from Myanmar. I came to Japan in September, 2016 to study PhD program specializing in structural engineering in Yokohama National University (YNU). When I started living in Japan, the language that I could communicate was English only. YNU has around 1000 international students and post graduate courses are conducted in English. Therefore, I did not face any difficulties in University because I have English speaking community. I started learning Japanese language in my university to have comfortable and enjoyable life in Japan. My hobby is watching movies and listening to music. To know Japanese people lifestyles and culture, I watched Japanese movies and drama. It really helps me to improve my Japanese proficiency. Even though I did not face any difficulties in university, I faced some difficulties while shopping or travelling because I could not speak Japanese. Especially, when we open bank account or go to ward office, not only all documents are written in Japanese but also we have to communicate with the staff in Japanese.

I did job hunting last year. For the international students, it is really difficult to understand and be familiar with Japanese job hunting culture. In my country, most of the students find job after graduating. They focus on their studying and try to have enough skills before joining the company. The most difficulty I had in job hunting was finding the companies that really want to offer job to international students. I found some company expressing themselves that they are global companies, but their internal systems are still in Japanese and they expect us to have JLPT N1 level which is not easy for international students to pass. Conducting interviews in Japanese made me feel nervous. But, after taking 3 to 4 times of interviews, I started to feel confidence and was not afraid to take any more. I think this first step will be the toughest thing for international students during job hunting. So, experience is really important for us.

I wanted to work in global company by applying what I learnt in University. Having a working environment that is pleased to work with foreigners is very important. After doing job hunting about 3 months, I got job offer from Chiyoda Corporation where I really wanted to work. I believed that Chiyoda is a global company and I could apply both Japanese and English. I joined Chiyoda this year’s April. After joining the company, it is the same as I expected. I was assigned to Civil Engineering Department as I desired. In two months new employee training, we learnt about basic business manner since new employee need to have enough knowledge of business behavior, which is very important in Japanese companies. Chiyoda is one of the top leading plant engineering companies in the world and I have to learn a lot as plant engineering is the new field for me. Even after new employee training, we had on job training.

Japan has a unique job hunting culture and I got great experience during job hunting. Moreover, I would like to recommend people who wants to work in Japan to study Japanese. I believe that it would be helpful for not only in your daily life but also in your job.

BACK