Laguage

Study in Japan Global Network Project in ASEAN

NEWS

アセアン

01Nov2021

「第5回ASEAN+3学長会議」へ出席、日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)の事業紹介を実施

 10月14日に、「ASEAN+3学長会議(ASEAN+3 Rectors’ Conference)」がオンラインで開催され、日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)から、仁井勇佑日本留学コーディネーターらが出席しました。  ASEAN+3学長会議は、AUN加盟10か国30大学及び3諸国(日本・中国・韓国)18大学のエグゼクティブレベルが意見交換するためのプラットフォームで、今回は、国立六大学連携コンソーシアム(千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、長崎大学、熊本大学)の金沢大学が幹事校として運営しました。  本会は「ASEAN+3 University Education and Graduate Employability: Sharpening the Edge」をメインテーマとして開催され、100人以上が参加しました。会議では、日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)の事業紹介セッションが設けられ、槇野学長からの概要説明、プロモーションビデオの上映に続いて、本事業の仁井コーディネーターからプレゼンテーションが行われました。プレゼンテーションでは、事業の実績と展望、及びAUN加盟大学と本事業との今後の連携可能性についての話があり、「我々の最も重要な役割は、ASEANと日本の、教育・研究等における橋渡しであり、これからも現地教育省や大学等教育関連機関等と協力しながら、関係構築とネットワークの拡大に力を入れていきたい。」と述べました。  本事業では、今後も、AUN加盟大学等と協力し、日本留学を希望する現地の学生や大学等教育機関に継続的な情報提供を実施いたします。 ▼プロモーションムービー

日本

10Sep2021

日本の教育機関向けにカンボジア/ラオス日本留学事情オンライン説明会を開催

 日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)の一環として、日本の大学等教育機関向けに、カンボジア及びラオスにおける日本留学事情オンライン説明会を開催しました。本説明会は、カンボジア・ラオスの現地情報や教育事情、日本への留学状況などを説明することで、カンボジア・ラオスからの、日本の大学や教育機関への留学生受入れを促進することを目的としています。  カンボジアの説明会では冒頭、岡山大学自然科学研究科の門田功教授(本事業統括マネージャー)より本事業の概要説明がありました。また、カンボジア教育青少年スポーツ省のサン・ワッタナ次官補佐よりカンボジアの教育事情と日本の大学への期待について、日本留学アソシエイトコーディネーターのブティ・モニラ氏よりカンボジアからの日本留学傾向についてご発表いただきました。続いて、在カンボジア日本国大使館の和泉真行二等書記官よりカンボジアにおける文部科学省奨学金受験者の傾向・実績、及び留学後の進路について、JICAカンボジア事務所の徳川詩織所員よりJICA研修プログラム概要についてご説明いただきました。最後に、カンボジア日本人材開発センター(CJCC)の井崎宏チーフアドバイザーから閉会のご挨拶を賜りました。  ラオスの説明会では、門田教授からの本事業概要説明の後、岡山大学の鈴木基義海外特別教授よりラオスの魅力と教育事情について発表がありました。続いて、在ラオス日本国大使館の西村祐輝三等書記官よりラオスにおける文部科学省奨学金受験者の傾向・実績、及び留学後の進路について、JICAラオス事務所の額田聖菜所員より、JICA研修プログラム概要についてご説明いただきました。最後に、ラオス日本センター(LJI)のポーンケオ・チャンタマリー所長より閉会のご挨拶を賜りました。  質疑応答のセッションでは、どのような学部の需要があるか、現地の高校生や大学生の学習水準、文部科学省奨学金への出願傾向など、多くの質問があり、カンボジアやラオスからの留学生受入れに対する関心の高さが伺えました。  カンボジア・ラオスにおける日本留学事情説明会を開催するのは今回が初めてでしたが、カンボジアの説明会には24大学・機関、43名が参加し、ラオスの説明会には、25大学・機関、38名が参加しました。  カンボジア及びラオスからの日本留学者数は年々増加傾向にあり、今後も増え続ける見通しです。本事業では、カンボジア、ラオスを含むASEANからの日本留学を推進するとともに、日本の大学や教育機関への継続的な情報提供を行います。 【説明会の概要】 <カンボジアの日本留学事情オンライン説明会> 日  時:2021年8月24日(火)15:30~17:30 開催方法:オンライン(Zoom) 主  催:日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)/岡山大学 共  催:カンボジア日本人材開発センター(CJCC) 協  力:カンボジア教育青少年スポーツ省      JICAカンボジア事務所 後  援:在カンボジア日本国大使館 <ラオスの日本留学事情オンライン説明会> 日  時:2021年9月7日(火)15:30~17:00 開催方法:オンライン(Zoom) 主  催:日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)/岡山大学 共  催:ラオス日本センター(LJI) 協  力:在ラオス日本国大使館      JICAラオス事務所

アセアン

17Mar2021

「ASEAN学生向け 岡山大学農学部奨学金プログラム」(2021年10月予備教育、2022年4月正規入学)の募集

「ASEAN学生向け 岡山大学農学部奨学金プログラム」(2021年10月予備教育、2022年4月正規入学)の募集。 出願期間 2021 年 3月 15 日(月)~ 5月 14 日(金) 学金支給期間 渡日後に在籍する課程の標準修業年限内(4年半)とする。 予備教育:6ヶ月間、専門教育:4年間 奨学金等(予定) 月額117,000 円を支給する。国費外国人留学生に採用された者は入学金、授業料ともに無料(岡山大学が負担) 出願資格 次の各号の全てに該当する者とします。 (1) 以下のいずれかの条件を満たす者。 ① 外国において、学校教育における 12 年の課程を修了した者。(入学時点で満たす見込みの確実な者を含む。) ② 外国において、日本の高等学校に対応する学校の課程を修了した者。(入学時点で満たす見込みの確実な者を含む。) ③ 上記以外の資格により日本の大学入学資格を有する者。 (2)原則として 1996 年4月2日以降に出生した者。 語学能力:日本語の能力を有する者として、以下のいずれかの条件を満たす者。英語の能力の有無については、以下のいずれかの条件を満たす者が望ましい。 ○日本語 ① 正規課程への入学時点で日本語能力試験(JLPT)のレベルN2 以上に合格している者(予備教育開始段階ではこれ以下でも受け入れる場合がある)。 ② ①相当以上の日本語能力を有していると岡山大学において判断できる者。 ○英語 ① 正規課程への入学時点で英語におけるヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)のB1 相当以上の資格・検定試験のスコアを有している者 ② 日本の大学への入学資格を満たす教育課程を、英語を主要言語として修了した者。 ③ ①相当以上の英語能力を有していると岡山大学において判断できる者。 問い合わせ先 農学部事務室教務学生担当 qgg8286@adm.okayama-u.ac.jp Tel: +81-86-251-8286/8287 原則として日本語で書いてください。 https://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/news/news_id10064.html 岡山大農学部概要(和英版): https://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/eng/outline12.pdf 岡山大学農学部紹介Movie: http://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/profile/movie.html

NEWS LIST

日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)とは

ミャンマーをはじめASEAN諸国からの留学生数を2023年には1.5倍増を目標に,岡山大学が,日本政府の資金援助を受けてこのプロジェクトを運営しています。

READ MORE