Study in Japan Global Network Project in ASEAN

NEWS

NEWS

2019.10.04

ベトナムでAcademicセミナーを開催しました

  • ベトナム
  • セミナー

2019年10月4日、文部科学省より委託されている日本留学海外拠点連携推進事業(ASEAN)の一環として、日本の大学での研究の魅力を伝える「Academicセミナー」をベトナムのホーチミンにあるノンラム大学で開催しました。

ノンラム大学のグエン・タット・トアン副学長(Assoc. Prof. Dr. Nguyen Tat Toan)の開会あいさつで始まり、大阪大学、九州大学、金沢大学、本学の教員らが、研究紹介や日本留学についての説明を実施。約350人の現地大学生、教員らが参加しました。同大学主催の就職フェアと同時に開催したことで、多くの学生らに向け、日本留学の魅力をアピールすることができるセミナーとなりました。

セミナー後には表敬訪問も行い、日本留学経験のある同大学の国際室長や本学同窓生らと、今後の日本留学につながる各大学との交流について意見交換を行いました。

<セミナー講師(分野)>
大阪大学 渡邉 肇  大学院工学研究科・教授(生物工学)
九州大学 上野 高敏  大学院農学研究院 資源生物科学部門 生物的防除研究施設・准教授(天敵昆虫学分野)
金沢大学 古内 正美 理工研究域・教授(地球社会基盤学)
岡山大学 藤井 大児 大学院ヘルスシステム統合科学研究科・教授(経営学・ソーシャルイノベーション)
岡山大学 津波 優 大学院環境生命科学研究科・チーフコーディネーター(国際社会人共同博士号取得プログラム)
岡山大学 村田 芳行 大学院環境生命科学研究科・教授/日本留学海外拠点連携推進事業統括マネージャー(日本留学相談)


トアン副学長による開会あいさつ


多くの学生が参加したセミナーの様子


各大学の個別相談ブース


表敬訪問の集合写真

BACK

NEWS LIST

日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)とは

ミャンマーをはじめASEAN諸国からの留学生数を2023年には1.5倍増を目標に,岡山大学が,日本政府の資金援助を受けてこのプロジェクトを運営しています。

READ MORE