Laguage

Study in Japan Global Network Project in ASEAN

NEWS

マレーシア

28Jun2022

NEW

マレーシア東方政策40周年を記念し、日本留学セミナー「先輩に聞こう!」を開催

 日本から成功と発展の秘訣を学ぶことによって、マレーシアの社会経済の発展を目指そうという東方政策(the Look East Policy)をマレーシア政府が1982年に採用して以来、2022年で40周年の節目を迎えました。岡山大学は6月18日、マレーシア東方政策同窓会(ALEPS)と岡山大学国際同窓会(OUIAA)マレーシア支部の共催および日本学生支援機構(JASSO)マレーシア事務所の協力のもと、東方政策40周年記念事業として日本留学セミナー「先輩に聞こう!」をオンラインで開催しました。このセミナーは、岡山大学が文部科学省より受託している日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)の活動の一環として実施されました。  本セミナーでは、現在マレーシアと日本の発展に大いに寄与している元日本留学生、海外留学経験の豊富な岡山大学教員、岡山大学現役マレーシア人学生の“先輩”により、これから海外留学を目指すマレーシアの若者たちへ日本留学について幅広い情報を提供しました。  プログラムでは、岡山大学の鈴木孝義副学長(国際担当)とALEPS会長Zulfiqar Zainuddin氏より、マレーシア元日本留学生の今までの歩みと今後の更なる期待を込めた挨拶の後、OUIAAマレーシア支部会長Azri Zainal Abdin氏より、岡山で過ごした日本留学時代の思い出や、岡山と岡山大学の魅力を語っていただきました。続いて、岡山大学グローバル・ディスカバリー・プログラム牛田英子准教授による日本留学の魅力と本学の紹介、マレーシア出身の岡山大学学生4名による岡山での留学生活の魅力やハラルフードの入手方法などの紹介がありました。日本留学後のキャリア形成の一例として、日本留学後に日系企業とマレーシア企業でキャリアを積まれてきた元日本留学生 Shamsul Haq bin Md Noh氏によるキャリア経験談の発表がありました。最後に、JASSOマレーシア事務所のRaymond Tan氏よりマレーシア人学生に向けた日本留学情報の提供がありました。  マレーシアはコロナ禍前まで、毎年2,000~3,000人規模の留学生を日本へ送り出してきました(マレーシア国費留学生を含む)。日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)は、今後もマレーシアの日本留学希望者の留学を後押しし、両国の発展に寄与する人材育成に貢献していきます。

カンボジア

28Jun2022

NEW

カンボジア教育・青年・スポーツ省高等教育局及びカンボジア国立教育大学を表敬訪問

 岡山大学の鈴木孝義副学長(国際担当)、稲森岳央グローバル人材育成院准教授、仁井勇佑留学コーディネーターらは6月7日、カンボジア教育・青年・スポーツ省高等教育局及びカンボジア国立教育大学を表敬訪問しました。  カンボジア教育・青年・スポーツ省高等教育局では、NITH Bunlay副局長らを訪問し、日本留学海外拠点連携推進事業の説明と、プノンペン事務所開所の案内、カンボジアで日本留学セミナー等を行うにあたっての協力を依頼しました。Bunlay副局長はプノンペン事務所の活動の重要性にふれ、現地でのネットワーク構築など協力を惜しまないと述べました。また、国際交流協定締結の可能性についても話し合いが持たれました。  また、カンボジア国立教育大学では、SIENG Sovanna学長らと面会し、プノンペン事務所の紹介と、今後の協力について意見交換を行いました。カンボジア国立教育大学と岡山大学は、平成20年2月に大学間協定を締結しており、長年にわたって協力関係にあります。また、Sovanna学長は平成19年から平成22年に岡山大学の自然科学研究科博士課程に留学していた経験があることから、国際同窓会を含めた岡山大学や本事業の活動へ非常に協力的であり、友好的な関係を築いています。 この訪問は、6月6日に挙行された日本留学海外拠点連携推進事業ASEAN拠点プノンペン事務所(カンボジア)の開所式に伴い、実現しました。このほか、カンボジア教育・青年・スポーツ省のSANN Vathana政務官とも面会し、協力を依頼するなど、今回の訪問を通して、プノンペン事務所と現地の大学、教育機関、岡山大学国際同窓会などとの連携が強化され、カンボジアでの日本留学が促進されることが期待されます。

カンボジア

17Jun2022

カンボジアに日本留学海外拠点連携推進事業ASEAN拠点プノンペン事務所を開設

 岡山大学は、日本留学海外拠点連携推進事業ASEAN拠点プノンペン事務所(カンボジア)を王立プノンペン大学・カンボジア日本人材開発センター(CJCC)内に3月1日に開設し、6月6日に開所式を行いました。  開所式には、在カンボジア日本国大使館より久保朋子参事官、王立プノンペン大学よりChet Chealy学長、CJCCより Khim Leang所長など、カンボジアの政府・教育機関15機関から関係者33名が集まり、開所を祝いました。岡山大学からは、鈴木孝義副学長(国際担当)、稲森岳央グローバル人材育成院准教授らが出席しました。また、本事業の連携機関である国立六大学(千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、長崎大学、熊本大学)の代表者らは、オンラインで参加しました。  来賓祝辞では、在カンボジア日本国大使館久保参事官が「今後、プノンペン事務所による支援は、日本留学を希望する多くのカンボジア人の夢の実現を手助けしてくれるだろう。大使館としても、日本留学希望者への支援を提供するため、プノンペン事務所と密に連携していきたい」と述べ、本事務所へ期待を寄せました。また、日本留学経験者でもある王立プノンペン大学Chet学長は「プノンペン事務所が円滑に業務を遂行できるよう、できる限りの支援をしたい。日本留学を促進することは、留学生の知識習得のみならず、カンボジアと日本両国の友好にも繋がる。」と、本事業への協力の意を述べました。  当日午後には、プノンペン事務所の開所を記念して、国立六大学と合同で日本留学セミナーを対面・オンラインのハイブリッド形式で実施しました。セミナーには、対面・オンライン合わせて日本留学希望者など154名の参加がありました。セミナーでは、各大学から教員やカンボジア人留学生が登壇し、日本留学の魅力や各大学の紹介を行いました。岡山大学からは、鈴木副学長(国際担当)が大学紹介・模擬講義を行ったほか、仁井勇佑留学コーディネーターがプノンペン事務所の紹介を行いました。  プノンペン事務所では引き続き、大学、教育機関、同窓会などと協力し、カンボジアの日本留学希望者に対する支援を行っていきます。 ●現地メディア記事:The Phnom Penh Post https://m.phnompenhpost.com/national/study-japan-global-network-project-opens-office-rupp?fbclid=IwAR3uvTZRrZ1WQOoc-uWLxHQKE_7dWCeP6JmAaXtI_ppJkI_Tdseyue0DOsM

NEWS LIST

日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)とは

ミャンマーをはじめASEAN諸国からの留学生数を2023年には1.5倍増を目標に,岡山大学が,日本政府の資金援助を受けてこのプロジェクトを運営しています。

READ MORE